データを見せる

IoTBASEは、蓄積されたデータを可視化するために「マップ」「グラフ」「テーブル」の3つのUIアセットを標準で用意しています。
UIアセットを独自デザインにカスタマイズしたり、複数のUIアセットを組み合わせたアプリにすることも可能です。
検討されているサービスに適した見せ方を短期間・低コストで実現します。

UIアセットを用意
ニーズに合ったアプリが
すぐに出来上がります

IoTビジネスを始めたい企業様のアイディアを、低コスト・短期間で形にできるように「マップ」「グラフ」「テーブル」3つのUIアセットを用意しています。 IoTBASEの機能一覧から必要な機能をお選びいただき、UIアセットの中から見せ方を決めていただくことで、iOS/AndroidアプリやWebアプリが完成します。 目的や使用用途に応じた最適なUIを短期間、低コストで実現します。

用途やユーザーに合わせて選べる3つのUI

マップUI

マップUI

デバイスから取得したデータを地図上に可視化します。直感的にわかりやすく、高齢者/子供見守り、車両管理などにお使い頂いています。

グラフUI

グラフUI

デバイスの使用頻度や状態をグラフを使用して時系列に確認することができます。

テーブルUI

テーブルUI

デバイスの使用頻度や状態をテーブル表示で確認することができます。データを一覧で見たい場合などに最適です。

UIアセットをカスタマイズして
オリジナルUIの作成も可能です

3つのUIアセットをベースに独自のデザインへカスタマイズすることも可能です。
アセットを利用することで0から開発する必要がなくなり、開発に掛かる費用と期間を圧縮することができます。

IoTビジネスをお考えの企業様
目的やニーズに合わせた最適なプランをご提案します

IoTBASEの活用方法や事例などお気軽にお問い合わせください。

TOP