データを送る

IoTBASEは、3G/4GといったLTE回線だけでなく、LoRaWAN、Sigfox、ELTRES、ZETA、NB-IoT、LTE-Mなど
主要なLPWA回線に対応。それぞれ強みを持った各回線をマルチに扱える構成となっているため
ユースケースや目的に応じて回線を使い分けたり、複数の異なる回線を組み合わせたサービスの実現も可能です。

主要なLPWA通信規格にマルチ接続

LoRaWAN

LoRaWANは、「LoRa Alliance」が定めた「無線ネットワーク規格」の名称でLPWAの一種です。

Sigfox

Sigfoxは、仏国Sigfox社が提供する通信規格です。日本では京セラコミュニケーションシステムが事業者となって2017年からサービスを提供しています。

ELTRES

ELTRESはソニー社が発表した独自のLPWA通信規格です。長距離安定通信、高速移動体からも通信可能、低消費電力という3つの特徴があります。

ZETA

ZETAはZiFiSense社が開発したLPWAN通信規格です、マルチホップ通信が可能という他のLPWA規格にない特性を持っています。

LTE-M

LTE-Mは、通信事業者が提供するセルラー系LPWA規格の一つであり、全国に設置されたLTE基地局の周波数の一部を利用して、広域エリアをカバーします。デバイスが移動するケースに適している規格です。

NB-IoT

NB-IoTは、通信事業者が提供するセルラー系LPWA規格の一つであり、全国に設置されたLTE基地局の周波数の一部を利用して、広域エリアをカバーします。デバイスを固定するケースに適している規格です。

対応通信プロトコル

HTTPS

MQTT

IoTビジネスをお考えの企業様
目的やニーズに合わせた最適なプランをご提案します

IoTBASEの活用方法や事例などお気軽にお問い合わせください。

TOP